買取店の査定士

「廃車にするための費用がかかりますが、サービスしますよ」

10万キロ、かつ10年式の古い車を処分して、新車に乗り換えようかな?
とあなたは考えているのかもしれません。

  • お金をこちらから払う(※処分費用)
  • 無料で引き取りだけしてもらう

正確な数値はわかりませんが、
下取り&買取含めて、”買取価格0円”というケースがほとんどだと思います。

と言いたいところですが、値段をつけて車を売ることが可能です!

この記事の終盤で紹介する”ある方法”を試すことで、
10万キロ・10年式の車でも高値で売れる確率がグッ!とアップします。

10万キロ&10年式が嫌がられる理由は?!

10年以上・10年キロの車

まずは、10万キロ&10年式と聞くだけで、抵抗を感じる理由を
ご紹介します。

理由①:タイミングベルトの交換

タイミングベルトとはエンジンの呼吸のタイミングを調整するベルトのこと。

10万キロ近くになると、車検やガソリンスタンドの点検で「そろそろ交換時期です」
とオススメされた人もいつかもしれません。

交換代はマーチなどコンパクトカーで約2.5万円~、エルグランドなどで約4万円~
ほどかかり、面倒なので、買い手がつきづらいです。

理由②:メンテナンス費用が高くつく

人間も年をとると、足腰が弱くなったり、内蔵系の機能が低下します。
車も同じで、ガタがくるとあちこち修理が必要になってきます。

理由③:買ってくれる人が少ないから

ガタがきている→古い→買い取っても販売店が嫌がる

と販売店さんが嫌がるケースが多々あります。

理由④:日本人は”ゼイタク”だから

「10万キロ?え?10年も乗っているの?」

おそらく車に詳しい人以外、日本人のほとんどがそういった反応をすると
思います。

海外の人から見れば「ゼイタク、モッタイナイ」と言えるかもしれません。

ランクルなど超人気車種は”別扱い”

ランクルやフェラーリなど人気車種が走行距離が15万、20万キロを超えていても
高値で売れます。

※ランクルは10万キロは序の口、20万キロを超えても値段がつくほどの人気車です。

世界は広い?!海外で10万キロはモッタイナイ?

もったいないと嘆く外国人女性

日本で10万キロ&10年式の車の使い道は分解をして、
使えそうなパーツを抜き取る、、もしくは鉄を再利用するなど
が一般的です。

ですが、海外(東南アジア・ロシア・アフリカ)などはどうでしょうか?

実際に旅行にいったことがあれば、ご存知かと思いますが、
「ニホンノ、クルマ、セイノウ、イイデス」
と大変人気があります。

例えば、ロシアなど極寒の地ですと、エンストするだけで凍え死んでしまいますし、
東南アジアはなどはたくさんの人を乗せて、商売をしています。

日本車は安くて、耐久性があり、品質よし!のため、30万キロ超えても
全然やっちゃら! というのが海外の常識です。

海外に販路がある業者に売れるかも?!

車種にもよりますが、外国へ輸出(※自動車ごと・修理用のパーツとして)を得意とする業者があります。

私

でも、そんな業者どうやって探せばいいの?

答えは・・
中古車の一括見積もりサイト!を利用すれば、数秒で概算結果がわかります。

わざわざ買取店を探したり、出向く必要はありません。
ほんの数分、ネットで一括で無料見積を依頼するだけなので、手間がかかりません。

現実は甘くない?!

・・・と良いことばかり並べても仕方がないです。

  • 引取り手数料をいただくかもしれません
  • 難しいかもしれません
  • 連絡なし(涙)

大変、心苦しいですが、”無視”される確率が高いです・・・

究極の裏技?!3つのサイトへ依頼

案内する女性

  1. かんたん車査定ガイド(※無料)
  2. カーセンサー(※無料)
  3. 楽天オート(※無料)

の3つのサイトがあり、すべてのサイトへ見積依頼をするという裏技です。

※見積はもちろん無料です。

連絡が来なかったりするケースが多いので、よりたくさんの業者に競争させることで

10万キロ・10年式の車でも値段をつけて買取してくれる可能性が高くなります。

「いやいや、ムリでしょ?」と思うかもしれません。

ですが、そこであきらめたら試合終了ですよ!

【トップページへ戻る】
車売る!相場以上に高く売るための誰も知らない裏技とは?! へ戻る