①:ライバル店同士で競争させる

例えばA社が50万円と査定したとします。

あなたがプリウスの相場を知っていれば、査定額が適切かどうかわかりますが、おそらく大半の人が知らないはずです。

そこで、できるだけたくさんの買取店へ査定を依頼し、

競争原理を働かせることで、大まかな相場がわかり、高額査定も十分可能になります。

②:安心できる業者選び

いくらプリウスを高額買取してくれるからといって、プリウスの売買契約&引き渡し後に、減額してきたらどうでしょうか?

これを二重査定と呼び、こうした行為を行う買取店は好ましくありません。

③:車の一括査定サイト

①②を実現するためには、正直かなり面倒です。

そんな面倒を1分で解決したサービスが”車の一括査定サイト”

【愛車の一括査定サイトの特徴】

  • 無料0円で利用できる
  • 無料であなたの自宅へ出張査定もOK!
  • PC・スマホで24時間依頼可能
  • JADRI加盟店限定で2重査定の恐れなし!

※JADRIは中古車売買を円滑にする団体で、2重査定を禁止しています。

ライバル買取店の間で、競争させることでプリウス買取額に10万円~20万円以上買取額に差がつくこともありますよ。

【無料!かんたん車査定ガイド公式サイト】
>>http://a-satei.com/

コラム:管理人プリウスを語る

今の時代に一番マッチしている車プリウス。

プリウスの燃費は、
37.2km/Lとなっており高燃費ハイブリットカーの
先頭を走り続けています。

PHVでは、EV走行で68.2km/L・HV燃費が37.2km/Lとなります。

プリウスを選ぶ年代は幅広く、全世代の利用者がいます。

ファミリー世代では利用者が少なくなりますが、
独身世代そして子育てを終えた世代では多くの方が使用中です。

またプリウスは燃費が良いので会社での営業車としても利用されています。

プリウスは、最新のトヨタセーフティーセンス
・プリクラッシュセーフシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール

を取り入れ、安全性や快適性を向上させました。

プリウスのグレードと価格帯は、2WD&E-Fourで

・S(Safety Plus)
・Aプレミアム(ツーリングセレクション)
・Aプレミアム
・A(ツーリングセレクション)
・A
・S(ツーリングセレクション)
・S
・E

となり、価格帯は、240万~339万グレードと仕様によって細かく
価格帯の幅が分かれています。

ハイブリットカーの先駆車として走り続けているプリウスですが、
PHVタイプも販売されています。

プラグインハイブリットタイプのプリウスでは、
充電そして電気を利用する事もでき、自動車の新たな可能性を示す1台となっています。

3,261,600円~となり、プリウスと共にPHVも利用者が増えている現状です。

【トップページへ戻る】
車売る!相場以上に高く売るための誰も知らない裏技とは?! へ戻る