①:徹底比較

どんなサービスでも競争原理を発生させることで、サービスがどんどん向上をします。

車買取も同様で、ライバル他社同士、査定競争してもらうことで、ハイエースバンの価値がどんどんアップします。

②:信頼できる業者選び

仕事でもプライベートでも信頼できる人間や会社と付き合いたいものです。

車買取店も信頼できるお店ばかり・・ではなく、二重査定をしてくる業者がいます。

具体的に解説すると、ハイエースバンを70万円で買取します!と契約したにもかかわらず、引き渡し後に「不具合があるため、65万円です」
と2回査定をする行為です。

③無料!一括査定サイト

「うーんでも、信頼できる複数の買取店選びって面倒だな・・・」

あちこち電話やメールしたり、ハイエースバンを持ち込んで査定してもらったり・・・
正直面倒ですよね(汗)

それとたった45秒で解決するサービスが”一括査定サイト”です。

【愛車の一括査定サイトの特徴】

  • 無料0円で利用できる
  • 無料であなたの自宅へ出張査定もOK!
  • PC・スマホで24時間依頼可能
  • JADRI加盟店限定で2重査定の恐れなし!

※JADRIは中古車売買を円滑にする団体で、2重査定を禁止しています。

一括査定の金額に満足すれば、その場で売買契約も可能ですし、納得できなければ、断ったとしても費用はかかりません。

あなたのハイエースバンが1円でも高く査定されることを期待しております。

【無料!かんたん車査定ガイド公式サイト】
>>http://a-satei.com/

【ハイエースバンの特徴】

ハイエースバンといえば、知らない人は居ないといってもいい、トヨタの定番車です。

1967年に登場して以降、耐久性の面、エンジンパワー、乗員数(運転手を含めて10人乗り)という特徴を生かして、
ジャンボタクシーやハイヤー、送迎バスや乗合バスといった乗用、
さらに救急車、現金輸送車、寝台車などの特種用途自動車などとしても利用されています。

耐久性が高いことから、海外での人気も高く、特に新興国や開発途上国での人気は、絶大です。

ハイエースの魅力を上げていきます。

まずは、荷室の広さです。荷室の高さは1320mmもあり、高さも十分です。

ロードバイクでしたら、4台並べて積む事が出来ます。

また、サーフボードも真っ直ぐ積めるなど、かなり余裕の有る長さです。
キャンピングカーのベース車としてもよく利用されています。

こういったことから、自転車競技を趣味とする人、サーファーやキャンプ愛好家からも人気があります。
ラジコン飛行機の輸送用としても注目されています。

運転席側のドアが開けられない時などに、助手席側から乗り降りすることができる、
ウォークスルーや、休憩したいときには、前シートが広く倒せる、フルフラットなども魅力の一つです。

ハイエースはカスタムメイドできるため、自分好みのハイエースを作れることも魅力です。

ボディータイプや、シートレイアウトを自分のニーズに合わせて選ぶ事で、自分にあった自分専用のハイエースを作る事ができます。

また、アフターパーツもバリエーションが豊富で、シートカバーやエアロパーツで内装、外装共に自分好みに作り上げる事ができます。

耐久性も見逃せません。ハイエースはその耐久性から国内でも中古車として人気があります。

20万kmや30万km走行しているハイエースバンはざらにあり、
さらに走行kmを積むと上記の新興国や開発途上国に売られていきます。

このように、たとえ不要になっても中古車として売れる価値があるというのも大きな魅力です。

【トップページへ戻る】
車売る!相場以上に高く売るための誰も知らない裏技とは?! へ戻る