新車・新古車・中古車の特徴について

疑問の私

車の買い替えを検討してるんだけど、
新車・新古車・中古車、何が違うんだろう?

それぞれの特徴についてみていきましょう。

新車・新古車・中古車の違いはなに?

簡単に言うと、

【新車】
ナンバー登録をしていない車

【新古車】
一度ナンバー登録をしているけど、誰も使用していない車

【中古車】
ナンバー登録されて、購入やレンタルで使用されていた車

新車のメリット・デメリット

【メリット】
・自分の好みのオプション・グレードを選べる
・保証がしっかりとしている
・エコカー減税の対象になる
・最新の機能の車に乗れる
・長い期間乗れる
・通常2年の車検のところ、新車は最初3年間

【デメリット】
・購入費用が高い
・価格の下落が激しい
・納車までに時間がかかる
・生産終了モデルや過去のモデルは買えない

新車は、自分の思い通りの仕様を選べたり、
エコカー減税の対象にもなって、車検も最初は3年ついていて、
いたれりつくせり。

その反面、新車は、「交渉→見積もり→契約」と、
時間がかかるので、納品までに数週間~2か月かかります。

また、購入価格は、値引き交渉によって、差が激しかったり、
価格の下落が激しいので、
手放したい。と思ったときに、元が取れない。ということも。

新古車のメリット・デメリット


【メリット】

・新品同様の車が中古車価格で手に入る
・車検が長く残っていることが多い
・中古車扱いなので、納期が早い
・4月1日以降の購入した場合は、購入した年度の自動車税が免除

【デメリット】
・カラーやグレードを選べない
・オプションなども選べない
・人気が高いので、競争率が高い

新古車は、あくまで、「中古車」の扱いなので、
新車同様の車が、中古車価格で手に入ります。

ただし、グレードやカラーなどは、選べなかったり、
新品の車が中古価格で変えることから、
競争率が高いので、
気に入った新古車のタイミングで出会えたら
ラッキー!といった領域。

中古車のメリット・デメリット

【メリット】
・車体価格が安い
・台数が多いと色々な業者を見比べて検討できる
・オプションなどがついてる掘り出し物もある
・数年落ちにもなると、ワンランク上の物が安く買える

【デメリット】
・傷や故障がある可能性がある
・事故車などの可能性もある
・前のオーナーが喫煙者だと臭いが残っている
・前者の癖が出る可能性がある

中古車は、価格が安く、たくさんの同じ車種を比較検討できる。
その反面、何人かのオーナーの元を経て売り出されているので、
事故歴修復歴がないか
しっかりと見極めた方が賢明です。

参考にしていただけると幸いです。