友達に車を売ろうとする人

疑問の私

車の売却先で、一番高く売れるのは?

トシさんトシさん

ズバリ! 友人など個人へ売る方法です

今回は、友人・知人へ!個人の間の車売買やりとりのメリット・デメリット
や用意する書類などをご紹介します!

どれくらい値段に差がつく?

大前提に、ジャイアン的な”横暴価格で売るケース”は除外します(汗)
例:20万円の相場→100万円で売るなど

トシさんトシさん

あくまでも、一例なので、以下の通りとは限りません。

【例:下取りが30万円と仮定】
①下取:30万円
②買取:40万円~60万円
③友人:50万円~80万円

元気な私

”友人”との親密度によって、
値段は変わりますよね?
ただ、あまり高く売るのも気が引けます

メリット・デメリット

【メリット】

  • 手続きが早い
  • 知っている人間なので、ウソをつけない
  • 下取り・買取よりも高く売れる

思い立ったら、必要書類をそろえて、陸運局で手続きをするだけ。
非常にスピーディ-です。

私

(たまにブレーキ音がおかしいかったり、オイル交換全然していないけど、黙っていればわからないか・・)

と友人相手に”ウソ”はつけません(汗)

【デメリット】

  • 車に不具合があった(※故意ではない)
  • 値段の取り決めでトラブル
  • 売却後のトラブル
トシさんトシさん

正直に不具合箇所を申告したはずなのに、いざ乗ってみると不具合があった場合、かなりきまづいですね

それと一番怖いのは、売却後のトラブル

  • あの時、こういったじゃないか!
  • いや、そんなこと言っていないよ!

友人・知人間で仲が良くても、言った言わない!の水掛け論になる恐れがあります。

※ディーラーへの下取・買取店への買取は契約書があるため、この点は安心です。

そのため、口頭&書類を残す&立会人(※他の友人)などの元、手続きをしたほうがいいといえます。

用意するもの

【必要な書類】

  • 車検証
  • 実印と印鑑証明(※発行から3ヶ月以内)
  • 譲渡証明書(※国土交通省のサイトにあります)
  • 自動車保管場所証明書(※友人の)
  • ※条件を記載した用紙(※トラブル防止のため)

※は任意です。ただ、トラブル防止に役に立つはずです。
(※支払い方法・タイミング・料金・引渡し後の修理はしないなど)

最後に、管轄の陸運局へ足を運んで(※できれば一緒に)
あなた→友人への名義変更をしましょう。

トシさんトシさん

  • 移転登録手数料:500円
  • 申請書の用紙代:100円~200円程度
  • ナンバープレート代:1500円前後(※地域差あり)
  • 自動車取得税:状況により異なる

などが、かかります。

車代金の受け取り法は自由で
振込みに関しては、証拠が残るように、銀行振り込みなどをオススメします。

いくらで車を売るのか?

あなたとあなたの友人がカーマニアで車に詳しく、
相場がある程度把握できていれば問題ないです。

ですが、実際は
(この車いくらくらいなんだろう?!)とお互いに口にしないけれど
内心、相場を知らないケースが多々あると思われます。

そこで、第三者機関のような、業者によるジャッジがあればトラブルは起きません。

買取店の査定士

それが、愛車の一括査定サービスです。

ネットでたった数分、あなたの愛車の情報を入力するだけで、
複数の業者から見積や出張査定を無料で受けられます。

トシさんトシさん

■友達に言った金額よりも好条件→そのまま売却

■査定結果がイマイチ→友人に売却

といったことも可能です。

最後に

あなたの車がいくらなのか?

車の一括査定サイトを利用することで
完全無料&すぐにあなたの愛車の値段がわかります♪

最下部案内女性

かんたん車査定ガイド
→http://a-satei.com/

45秒!楽チン入力♪

【トップページへ戻る】
車売る!相場以上に高く売るための誰も知らない裏技とは?! へ戻る